不動産売買-登記簿謄本(全部事項証明書)の重要ポイントを確認

記事内に広告を含みます。

不動産売買契約前に必ず確認しておくべき書類の一つが登記簿謄本です。

登記簿謄本から、購入予定の物件の所有者が分かり、またその不動産の抵当権などで担保にされているかどうかが分かります。

もくじ

登記簿謄本の表題部

まずは表題部から確認していきます。

表題部の確認
  • 物件の所在地
  • 建物の部屋番号
  • 構造
  • 床面積

登記簿謄本の甲区

甲区は不動産の所有権について記載されています。

甲区の確認
  • 不動産の所有者
  • 権利者のその他の事項

登記簿謄本の乙区

乙区は不動産所有権以外の権利について記載されています。

乙区で確認すべきところは、抵当権や担保権です。

オンラインでも閲覧可能

登記簿謄本は仲介する不動産会社からももらえますが、ご自身でネットで閲覧することも可能です。

くのいち

オンラインで取り寄せた登記簿謄本は所有権以外の権利が登記されていないと乙区欄がないです。

登記情報提供サービス
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ