【個人の方向け】古物商許可申請書の提出方法と書き方を徹底解説

副業としてネットショップを立ち上げるにあたり、調べていくうちに古物商許可証という言葉をネット上で知りました。

 

「え?何それ?」と知らなかった私は不安になったので、ネットでまずは基本情報を確認したところ、「私が始めようとしているネットショップは許可証が必要だな」と判断・・・

実際に今回は最寄りの警察署に電話して必要書類を確認した上で、古物許可申請書を提出!

 

本記事では、個人の方向けに古物商許可申請書を提出する書類について、必要書類・手数料・書類を書く際の注意点などを手詳しく解説しています。法人の場合は必要書類など少し変わりますので、別途警察署などで確認してくださいね。
えみり
ネットを見ていると古物許可申請の代行業者もあるみたいです。。ただこの記事を一通り読んで進んでいただければ素人や個人でも十分できると思うので、代行に頼んで高いお金を支払う前にぜひ自力でやってみてください!頑張りましょうね。
申請中にオープンさせたくなりますが、許可証を無事受け取ってからネットショップを開店させくださいね。
スポンサーリンク

古物許可申請書の提出が必要な人

 

まずは自分がこれから始めようとしているビジネスが該当しているかどうか確認する必要があります。
詳しくは古物営業許可申請手続きで確認してみてください。

 

読んだ限りでは主に一度使用した物・中古品を売買しようとする方はほぼ必要かなと。例え新品未使用品を購入したとしても、一度人の手に渡ったものは未開封であっても中古として認識されるので、ビジネス目的で売買(転売)しようとしている人は念のため申請しておいた方が安心して事業を始められますね。

メルカリやラクマで自宅にある不用品を売るくらいであれば許可申請は不要だと思いますが、お店を開設して本格的に売買を考えている人は取った方が良いですよ。

 

許可申請手数料

手数料:19,000円! 
えみり
問い合わせたところ、許可申請手数料はタダではありませんでした。残念だ・・

 

気を付けることはと言うと、現金ではなく収入印紙での支払いになります。私は神奈川県収入印紙を購入しました。
収入印紙は警察署の前などに購入する場所がありますので、事前に準備しておくと良いですね。
スポンサーリンク

許可証交付までの日数

おおよそ1か月程度と言われました!
申請書の案内にはおおよそ40日と記載されていますね。どちらにせよ提出したら即日許可証が発行されるわけではないので、ビジネスの開始に合わせて予め準備しておくことをおススメします。
えみり
ちなみに私は提出した日に不備・修正箇所が多々ありまして・・次の日もう一回提出しに行きましたよ。書き方で迷われているかたは是非読み進めてください

対応して下さる方はとてもやさしいので、分からないことはジャンジャン聞いた方がいいですよ。私のように二度手間にならないことを願います。汗

 

古物商許可申請に必要な書類

まずは以下の書類をダウンロードまたは取得してください。もちろん用紙は警察署でももらえます。

  1. 古物商許可申請書
  2. 本籍記載の住民票の写し
  3. 身分証明書
  4. 経歴書(略歴書)
  5. 誓約書(個人用)
  6. ホームページを利用して営業する場合はURLの使用権眼を疎明する資料

ダウンロードのページをURLつけようと思いましたが、県ごとに案内がありますので、お住まいの県のホームページからダウンロードしてください。

 

スポンサーリンク

古物商許可申請書

全部で用紙は3枚あります。別記様式第1号その1、2、4までありますのでご注意ください。
ちなみに店舗名を有する場合は、別記様式第1号その3も提出が必要です。

別記様式第1号その1

 

古物商許可申請書

 

上記の書き方は以下の通りです。

  • 許可の種類⇒古物商
  • 氏名または名称⇒個人名(※ショップ名ではありません。)
  • 法人等の種別⇒6.個人
  • 生年月日
  • 住所⇒住民票の記載通りに書く(ハイフンなど気を付けてください)
  • 行商について⇒2.しない
  • 主として取り扱う古物の区分⇒主なビジネス1つだけに丸をする

注意としては取り扱う古物の区分は1つ、そして代表者等は空白で問題ありません。

また印鑑はシャチハタは不可ですので、認印を押印してください。

 

別記様式第1号その2

 

営業所

 

上記の書き方は以下の通りです。

  • 形態⇒1.営業所あり
  • 名称⇒自分の氏名
  • 所在地⇒住所(住民票に記載通り書いてくださいね。ハイフンや番地など気を付けてください)
  • 取り扱う古物の区分⇒該当するもの全てに丸を付ける
  • 管理者⇒上記同様に自分の個人情報を記載

注意としては、2枚目の取り扱う古物の区分は該当するビジネス全てに丸つけて提出する点です。1枚目は、主なビジネス1つだけなので間違えないように気を付けてください。

ネットショップだと営業所がないように思われる方もいらっしゃると思いますが、ネットショップにも特定商取引法に基づく表記で住所を掲載しますので、「営業所あり」で提出してください。

 

別記様式第1号その4

 

URL記載

 

画像の送信元識別符号にはご自身のネットショップのURLを書いてください書き方ですが、一つのマスに3行入っていますので以下のように上2行を使って書いていきます。
  1. 1行目にURLのローマ字⇒1マスに1文字です。記号も1マスに一つ書きます。https://から書いてください。
  2. 2行目にはローマ字のカナを振ってください⇒例えば「h」の場合は「エイチ」と書きましょう

例えば、ホームページの最初はhttps://から始まりますので、そのカナは「エイチ・ティ・ティ・ピー・エス」と書きます。

記号のカナは空白で問題ありません。

 

② 本籍記載の住民票の写し

これは最寄りの市役所や市民センターで取得してください。

手数料は1通300円です。マイナンバーの番号は記載なしで問題ありません。

 

③ 身分証明書

こちらも最寄りの市役所や市民センターで取得してください。

身分証明書と聞くと、運転免許書、パスポートやマイナンバーカードの写しと思う方もいらっしゃると思いますが、ここでは正式?な身分証明書を取得する必要があります。

市役所で発行してもらう身分証明書には以下3点が記載されています。

  1. 禁治産又は準禁治産の宣告の通知を受けていない
  2. 後見の登記の通知を受けていない
  3. 破産宣告又は破産手続き開始決定の通知を受けていない

 

えみり
ん?なんのこっちゃ・・・と思いましたが、細かいことは気にせず提出します!

 

④ 経歴書(略歴書)

過去5年間の職歴を記載すれば問題ありません。
略歴書
これは就職・転職などで記載する職務経歴書の簡易版ですね。職歴等に記載することは以下の通りです。
  1. 期間(自⇒就職日、至⇒退職日)
  2. 内容(勤務先の会社名を記載)

その他は住民票と同じように記載してくださいね。

例えば結婚してからずっと主婦の方も、最終職歴を記載した次に「専業主婦で現在に至る」など記載する形で問題ないようです。
何度も繰り返しますが(笑) 最後の印鑑を押すところですが、シャチハタは不可です。認印を押してくださいね

⑤ 誓約書(個人用)

誓約書は以下2部提出する必要があります。
パット見た感じは似たような用紙ですが、それぞれ書いてある内容は違います。
  1. 古物営業法第13条第2項各号に掲げる誓約書
  2. 古物営業法第14条第1項第1号から第9号に掲げる誓約書

 

署名欄は住民票と同じ通りに記載してくださいね。もうご存知の通り、押印はシャチハタ不可で認印で押しましょう

 

⑥ ホームページを利用して営業する場合はURLの使用権眼を疎明する資料

実際に運営するネットショップをプリントアウトして資料として提出
これタイトルを読んだだけでは、さっぱり分からないですよね。もっと分かりやすく書いてくれればいいのに。。
要するに資料としてパソコンでネットショップのページをスクリーンショットして、カラーコピーして提出してください。
この時、以下2つは必ず入れてくださいね。
  1. ショップのURLが記載されている
  2. 事業者の名称が記載されている(私の名前がページ上に表示されていること)

画面を一度右クリックしてそのページをプリントアウトするとURLが表示されないので、おススメ方法としては

(1)PCで特定商取引法のページを出して事業者である私個人の名前を表示し、

(2)画面をスクリーンショット(Windows+Prt SC)取ってからプリントするとタブ下にURLも表示されたままプリントできますよ。

警察署に提出した後は

無事上記の書類を警察署に提出したら、受領書を受取ってあとは承認されるまで待ちましょう。

  • 承認されたらまず公安から電話が来ます。
  • その後公安から警察署に書類が届き⇒警察署から電話が来ます。

無事に警察署からの電話が来たら、許可証を受取りに行きます。←書類が届くまでに時間がかかります。

およそ30日前後で私は許可書を受取ることができました。

 

まとめ

これで申請書の手続きは完了です!お疲れ様でした。

個人でネットショップを始めると何かと心配や不安もあると思います。ですが、今はネットや書籍でも学べる時代ですし、副業も始めやすくなりましたよね。

これから提出しようと思っている方や、始めようか悩んでいるかたの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
古物商許可申請書
最新情報をチェックしよう!