不動産賃貸業-賃貸借申込書で確認すべきポイントをチェック!

記事内に広告を含みます。
くのいち

物件を購入申し込みする前にこの書類を確認しておきましょう!

もくじ

賃貸借申込書とは?

今現在住んでいる人がいる物件を購入する場合は、オーナーチェンジと言います。
この場合は、入居者の状況を知るために賃貸借申込書を不動産会社の方に見せてもらいましょう。

くのいち

チェックするのは主に3点

  • 今住んでいる人がどんな人なのか
  • どのくらい住んでいるのか
  • 連帯保証人について

必ずしも賃貸借申込書を見せてもらえるわけではないので、オーナーチェンジの場合は上記3点を口頭で確認しましょう。

1.今住んでいる人がどんな人なのか

自分が大家さんになるので、今住んでいる人のことはある程度把握していた方が安心です。

  • 住んでいる方の性別
  • 職業、学生か社会人か
  • 年齢
  • その方の職業
  • タバコを吸うか
  • ペットは飼っているか

これらの情報収集はとても大切です。

なぜなら学生の場合は、卒業したら退去する可能性が高いので、その都度クリーニング・入居者募集をする必要があります。

チェックしたほうが良いこと

連帯保証人が誰なのかを確認しておく
学生の場合:仕送りしているご両親
社会人の場合:職業が不安定の場合、滞納経歴が無いかどうかなど

2.どのくらい住んでいるか

学生の場合は、だいたい4年で入退去が繰り返されますし、社会人の場合長く入居してくれる場合もあります。

長く入居してくれる人が退去したあと修繕費がかかるので注意!

例えば、購入を検討している物件にすでに長く入居者がいた場合、例え綺麗に使用してくれていたとしても次の入居者のためには以下修繕する必要があります。

  • 壁紙
  • 天井
  • 給湯器
  • 水回り(トイレや洗面所)
  • キッチン
くのいち

オーナーチェンジの物件はあとどのくらい入居者が住んでくれるか事前に確認しておいた方がいいですね。

会社員くん

タイミングによっては物件購入して
すぐに退去されるなんてこともあるかもしれないよね。。

くのいち

そうだね💦その場合は買ってすぐに修繕費がかかるね。。

オーナーチェンジの理想的な時期

オーナーチェンジの場合、既に1年くらい住んでいる入居者がいる状態の物件を購入するのがおすすめです

3.連帯保証人について

オーナーチェンジの物件購入の時は必ず連帯保証人が誰になっているかを確認しましょう。

くのいち

一番安心なのは入居者の両親や親族が連帯保証人になっている場合!

会社員くん

最近だと家賃保証会社もあるけど、その場合はどうなの?

くのいち

家賃保証会社を利用している場合もいいね!

家賃保証会社の例

エポスカード・オリエントコーポレーション・ジャックス・セディナ・アプラス・ライフなど

事務所可の物件は希少性◎

管理規約に「事務所可」となっているマンションは希少性が高く、居住用よりも賃料が高く設定されているのでお得です。

入居者が会社の場合は、業種や業績などもしっかりチェックしておきましょう

賃貸借申込書のチェックポイント

くのいち

最後にチェックポイントのおさらいです

  • 今どんな人が住んでいるかチェック:性別や職業、年齢、特記事項など
  • どのくらい住んでいるか:長く入居している場合は要チェック。
    退去が近いと修繕費がすぐに発生する場合もある
  • 連帯保証人について:誰が連帯保証人になっているか必ず確認
    家賃の滞納がこれまでなかったか、連帯保証人は両親や親族かなど
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ