顎関節症?歯医者で勧められマウスピースを作った【結果:快適です】

  • 2020年10月3日
  • 2020年10月3日
  • 節約

今回は番外編として、自己投資に繋がる「歯医者」についての体験談をお伝えしようと思います。先生と私のやりとりを会話風に進めていきますね。(会話の内容はある程度ざっくりと書いています)

 

えみり
結論からお伝えしますと、通っている歯医者で少しでも治療に疑問や悩みを持った場合、別の歯医者でも受診してみましょう。というお話です。私はこれまで通っていた歯医者Aで不安が生じたため、すぐに別の歯医者Bも受診したところ、歯医者Aとは正反対の診断結果と治療方法を提案されました。
歯医者Bでも同様の判断をされたら、奥歯を抜こうと思っていましたが・・まさか正反対の結果になるとは。相談してみて歯医者Bに通うことを決め、自分の納得いく治療を受けていますしと初めてマウスピース(保険適用)を作ることにしました。悩んでいる方は1人の先生の意見を鵜呑みにするのではなく、別の先生にも相談してみて総合的に判断することをおススメします。
特に通っている歯医者での治療に不安がある方、顎関節症の方、マウスピースを作るか迷っている方、そもそも歯を抜かずに治療したい方などに参考にしていただければ幸いです。この記事は「別の先生の意見も聞くことが絶対大切」や「マウスピースつければ治る」などの記事ではないので、あくまで私個人の体験談として読んでいただければと思います。

きっかけは、先日奥歯の詰め物(セラミック)が取れたので、詰め物を入れに歯医者へ行ったときから始まります。

 

定期健診など欠かさず受診していますが、ここ最近の変化と言えば、徐々に口を大きく開けづらくなってきたこと

大きく開けようとすると「ガクっと」耳付近の骨?関節?が外れそうになる感覚があり、痛みはないのですが怖くて開けられませんでした。ただ口を大きく開けることなんて日常生活では無いので、特に気にしていませんでした)

 

スポンサーリンク

通っている近所の歯医者Aで

 

通っていた歯医者はコロナ禍でも忙しいようで、診察できるのが早くて2週間後と言われてしまったのですぐに電話で予約。

当日は受付を済ませ、まずスタッフの方に「奥歯の被せ物が取れたので付けてくださいと」要件を伝え、久しぶりの受診だったので簡単に歯の検査とレントゲンを撮って、その写真を見ながら先生Aに説明された第一声がこれ。

 

歯医者A
先生A
こんにちは!あのー早速ですが、この奥歯は抜いたほうが良いですね
fabicon
えみり
・・・え?抜く??痛くないですけど、、虫歯でもないですよね?(汗)というか取れちゃった詰め物を被せに来ただけなのですが・・
歯医者A
先生A
このレントゲン見る限り、奥歯の周りの骨が溶けちゃっていますから。ここね。言い方は悪いですが、この奥歯はあってもなくてもよい無意味な歯です。残しておくと歯周病や虫歯など逆にリスクが大きくなりますから一刻も早く抜いたほうが良いですよ。
fabicon
えみり
え???(混乱中)私はできれば抜きたくないのですが・・どうにか治療して残すことはできませんか?
歯医者A
先生A
残して治療してもこの周りの骨がこれからまた生成されることはないでしょうから、、うーん・・治療しても意味がないですね。

 

どうしても奥歯を抜きたくない私・・

fabicon
えみり
えっと。。分かりました。考えます

その後のスタッフに交代し、歯石取りの時も口が大きく開けられない私にはもう辛くて・・

スタッフの「もうちょっと口を大きく開けられますか?」という地獄ワードを耳元で永遠聞かされました。笑

結局「口が大きく開かないと、器具が入らないので奥歯が抜けませんね。」って、「まずは大きく開けられるようにしましょう。」とスタッフの方に言われて終わりました。

fabicon
えみり
え??どうやって?改善方法は?

治療が終わった後の疲労感と喪失感・・・お会計は3,850円

結局詰め物の取れてる奥歯はそのまま何もせず、次の予約だけして帰りました。

帰り道の私は「この年でもう奥歯を抜くしかないのかな・・やだな(というか、口を開け続ける治療がしんどい。)」

 

歯医者Bを初めて予約する

家に戻り、このまま歯医者Aでの治療は難しいと考えたので、早速ネットで調べて口コミが良い近所の歯医者Bへ予約を入れて同じように受診することに。

歯医者を探すポイントとしては、私のように口が大きく開けづらい方は、口腔外科を扱っている歯医者で見てもらうと良いですよ。
この歯医者Bは口腔外科も扱っている歯医者でして、初診の方でもネットから予約が取れます。先生は院長を希望して2日後には予約が取れました。当日はスタッフの方に今の状況を説明し、口も大きく開けられないことも事前に伝え、レントゲンの撮影。
歯医者B
先生B
こんにちは。えっと状況は伺いました。結論から申しますと今すぐには抜かなくても良いかな。というか、できる限り残す方法でまずは治療してみましょうか
fabicon
えみり
え!!本当ですか?
歯医者B
先生B
まあ通っている先生が言ってることも可能性としてはあります。ただ、抜かずに奥歯は残す方法もあるりますので、神経を抜いて薬を入れてその奥歯に上から被せる治療をまずはやってみましょう。症状が悪化したり、痛みが出てくるようになったら最悪の場合抜かないといけないかもしれないからね。
fabicon
えみり
ありがとうございます。とりあえず残せそうで安心しました!

 

歯医者B
先生B
まずはそのままにしておくと虫歯になりやすいので、今日は奥歯に被せましょう。あと、口が大きく開けられないんでしたっけ?神経を抜く治療をするには器具を入れるから、大きく口が開けられないと難しいかもしれない。まずは開けられるように改善した方が良いかな。
fabicon
えみり
はい。大きく開けるとガクッと耳横の関節?骨?が外れそうになる感覚があって・・長時間口を大きく開けてるのは辛いんです。これって治るのでしょうか・・
歯医者B
先生B
なるほど。さっき口の中を見たけど、噛みしめと歯ぎしりをしていると思うんだよね。自覚が無い人も多いけど、寝ている時に歯ぎしりはしていると思う。あとはレントゲンを見たところ「顎関節症」になりかけているから、マウスピースを付けて寝るのもいいかもしれないよ。つけてみて数か月様子を見てみようか。

 

顎関節症について模型を使って詳しく解説してもらい、またマウスピースに期待できる効果についても説明してもらいました。

「マウスピース・・これまで聞いたことないし付けたこともないから、ちょっと不安」

 

歯医者B
先生B
寝る時だけ付ければ良いよ。ただ、「これを付ければ絶対治る」とかそういう物ではないから保証はできない点予めご了承ください。あなたはまだ症状が軽度だから、付けてみるのも一つの手だと思いますよ。マウスピースは保険適用だから3000円くらいで作れますので。検討してみてくださいね。
fabicon
えみり
今日作りたいです!!
初めて行った歯医者Bでその後マウスピースを作ることになり、初診は終わりました。
お会計は2,180円
スポンサーリンク

自分が納得するまで相談すること

今回別の先生にも相談してみて、「先生がどこまで自分の希望に寄り添ってくれるか」、また「治療方法に対して自分が納得できるかどうか」が大切だなと感じましたね。何よりも最初に抜いたほうが良いと言われた歯を残すことができて良かったです。

あとは自分に合うかどうか先生の雰囲気?タイプもありますので、ネットで口コミを見たり、実際に通っている人がいないか近所に住む友人に聞いてみたり、情報収集するのもおススメします。

ちなみに苦手な歯医者でも無理なく治療できたのは、先生Bは詰め物を付ける際に、約5秒間隔で口を開け閉めするように指示してくださったので、長時間開け続けることが難しい私でも無理なく治療を進めることができました。

 

歯医者B
先生B
はい、口開けて~(1、2、・・5)!はい、一回口閉じて楽にしてください~!

 

こんな感じで休憩を挟みながら進めてもらいましたよ。こうやって気を使ってくれるとありがたいですよね。

 

マウスピースを受取って付けてみる

マウスピースは1週間で完成しました。

1週間後に受け取りに行って、付け方や前回入れた詰め物の簡単なチェックをして終了です。

お会計は・・マウスピースと診療込みで2,660円

fabicon
えみり
あれ?保険適用で3,000円くらいって聞いてたけど、、それよりも安いんですね
スポンサーリンク

マウスピース生活を始めて・・

初めて付けたときはなんか変な感じがしましたね。笑

それに寝る前だと忘れがちになってしまうことも。

今では全く違和感もなく、寝ていても痛みなど一切ありません!先生は中には付けて寝ていると痛みが出てきて、途中外してしまう人もいると仰っていましたが、私は問題なさそうです。

それよりもマウスピースのおかげで歯ぎしりや噛みしめもなくなり、私は口の開きが以前よりも良くなった気がしています。3か月くらいはつけてみて様子を見ることになっているので、また奥歯の治療での経過などお伝えできればと思います。

 

まとめ

以上参考になれば幸いです。

もしも私のように口を大きく開けづらいなと感じている方や、悩んでいる方がいらっしゃればぜひ以下を参考にしてみてくださいね。

  • 1人の先生だけじゃなく、別の先生の意見も検討する
  • 口腔外科を取り扱っている歯医者を探す
  • マウスピースを検討してみる

歯医者は自己投資になりますし、定期健診は欠かさず受けてくださいね。

皆様、大切な歯を守りましょう。

 

 

スポンサーリンク
歯医者について
最新情報をチェックしよう!