2021年の投資目標!投資を少し加速させたい。

昨年はSBI証券を開設して米国株を始めたり、積み立てNISAを継続し続けることで納得のいくスタートができました。コロナ禍で暴落を経験しましたが、今となっては今後動じずにどっしり構えるための訓練だったと思えば良いかなと。

2021年も引き続き投資を継続しますが、今年は少し加速させたいなと思っていまして、新たに積み立てを設定しました。

スポンサーリンク

積立金額を増額!

今年からは楽天カードで17,000円投資信託を新規で積み立て設定

皆さんも既にご存知のように楽天証券を利用している方は、楽天カードで月5万まで積み立ての設定ができます。

これは私でも知ってました。

 

えみり
積み立てNISA枠はこれ以上金額増やせないし、現物買いにはクレジットカード使えないし・・・まあいっか!
なんとなく勿体ないなとは思っていましたが、特に気にせず。。

そんな時に、Twitter上で「これだ!」というtweetを発見しました。

投資を加速させたい人におススメの方法

  1. 積立NISAを33,000円設定(人によっては上限額ギリギリの33,333円)
  2. 残ったカード枠(17,000円)は特定口座で投資信託の積立を設定

 

なるほど!と思いましたね。銘柄は積み立てNISAと同じで問題ですし、他に気になる投資先があればそちらでも問題ないです。

この積立設定を一度しておけば強制的に毎月50,000円の積み立て投資ができますし、楽天ポイントも月500ポイントもらえますね。(ちなみに500ポイントはポイント投資を設定しています。)

まず2021年は年間で60万円強制積み立てが完了です!

 

スポンサーリンク

投資信託の買付銘柄

早速設定した銘柄は以下の通りです。

投資信託の設定

 

積み立てNISAはそのままで、新しくeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を特定口座でも積立します!

なお、楽天証券での積み立てNISAやポイント投資に関しては、楽天証券で積み立てNISAを買う方法(楽天ポイント利用でお得に購入)で詳しく解説していますので合わせてご覧いただければと思います。

関連記事

少額から始められる投資として、積み立てNISAを始めている方も増えてきたように感じます。 楽天証券で積み立てNISAを始めたいけど、どうやって始めたらいいのかな? 積み立てNISAってなに? お得に買う方法ってあるのか[…]

楽天証券で積み立てNISAを始める

 

日本株

 

こちらは優待なども含め自分で良いなと思った株価になったところで買付しようと思います。今は株高のようなので、現金として保有し、下がったタイミングを待つことにします。

やはり日本円で配当金や優待がもらえる方が日々の生活で助かりますし、引き続きこちらも継続していきます。

 

スポンサーリンク

米国株

 

最近驚くほど米国株が全体的に好調ですね。方針としては、個別株への投資はストップして米国ETFを中心に買い付けしていく予定です。今保有しているETFは、以下の通りです。

  1. SPYD
  2. VYM
  3. HDV

この3銘柄になります。この3銘柄を買値まできたら買い増ししていきます。

個別株の方が配当利回りが良く、魅力的なのですが昨年は始めた途端にコロナショックで一時期は全銘柄が大暴落しました。その中でもXOMの下落がすごくて、精神的にあまり良くないかなと。(今は株価復活してます。)

米国株の情報を追いかけるのは大変なので、ETFを購入してあとはプロに任せます。

 

ちなみに参考までですが、米国株の投資には住信SBIネットバンクでまず米ドルに換えてドルで買付しています。

その方が手数料を安くできますよ!

住信SBIネット銀行SBI証券で米国株の投資を始める方法は、【米国株を買う方法】住信SBIネット銀行とSBI証券を連携しようで詳しく書いてますので、ぜひご覧ください。

関連記事

2019年7月にSBI証券で米国株の最低取引手数料が無料になり、以前よりも少額での米国株に投資しやすくなりましたね。この機会に米国株に投資しようと思う方も多いのではないでしょうか。 SBI証券で米国株の投資を始めたいけど、どうやっ[…]

米国株を買う方法

 

最終的に年間100万円は投資に回せるようにしたいな~と。

給料は上がる見込みがないので、あとは固定費と無駄遣いの見直し、そして副業としてブログやアフィリエイトも注力しないとですね!

楽しい2021年になりますように!

 

スポンサーリンク
2021年の投資目標
最新情報をチェックしよう!