不動産買付証明書-物件購入時に提出する書類の大事なポイント

記事内に広告を含みます。
もくじ

買付の申込について

くのいち

買付するときの買付証明書について詳しく見ていきましょう

買付証明書を出すときのポイント
  • 購入価格の決め方:購入価格は売値の1割以内程度が基本
  • 買付証明書の申込タイミング:不動産経由で売主に買付証明書が届いた段階で申込完了
不動産買付証明書はキャンセルできる?

キャンセルしても金銭的なペナルティはありません。
ただし、不動産会社の心証が悪くなり、次の物件を紹介してくれなくなる可能性もあるので、買付証明書は本当に物件購入を検討している場合に出しましょう

1割以上低い設定で指値を出しても良いの?

物件の購入希望者が多い場合、売値に一番近い値段で売れますし
反対にいち早く売りたい場合、大幅に低い指値でも通る場合があります。

ただ、目安としては1割程度が現実的で価格によっては売主に相手にされなくなってしまうので注意が必要です。

現金で購入する場合は、買付証明書の申込時に「現金購入」をアピールすると良いです

ローン特約で買付する場合

くのいち

当サイトでは現金購入を基本としていますが、ローンを組む場合もあるのでチェックしておきましょう

  • ローンの金額
  • ローン特約

ローン特約はつける

くのいち

物件の購入をローンを組むこと前提に進める場合はローン特約をつけましょう

ローン特約とは

銀行にローンを申込して、融資の全部・一部の承認が得られなかった場合、売買契約を無条件で解除することができる仕組みのこと

  • 手付解除や契約違反などの解除には該当せず
  • 支払い済みの手付金は買主に変換される
会社員くん

もしローン特約を付けないで申込したらどうなるの?

  • 支払った手付金を放棄して契約解除する
  • 損害賠償や違約金を請求される可能性がある
くのいち

そうならないためにも、買付の段階でローン特約の「有」に〇をつけてね

ローンは通らないこともある・・・

事前審査の段階で融資できる旨、銀行から承諾をもらったとしても
正式な融資承認ではないので注意が必要です。

正式な審査で融資できないと却下されてしまうこともあります

買付証明書を出しても通らないこともある

人気のある物件を購入するときは買付証明書が6番手くらいまで入ることもあります。

くのいち

買付証明書を出しても購入できない場合があるんだね・・

1番、2番手がキャンセルしたり、ローン承認が下りなかったりすれば3番手くらいまでなら購入できる可能性があります。

また、ローン特約は「無」で現金購入の方はスムーズに売買契約が進むので好まれる印象があります。

購入したい物件が見つかれば買付証明書を出そう

  • 買付証明書は無条件でキャンセルできる
  • 指値で購入価格を指定できる
  • ローンを組む方はローン特約「有」で安全に買付申込が可能
くのいち

人気の物件は競争率も高いので現金で購入できるように今のうち資金を貯めておこう

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ